スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

DPP(Digital Photo Professinal) vs DIGIC Ⅱ

DPPはCanon純正のRAW現像ソフトですが、Canon純正ということからカメラ側の画像処理エンジンであるDIGIC Ⅱと同じ処理をしてるもんだと思っていました。
しかしながら、どうもDPPでRAW→JPEGに現像したものとカメラ側(DIGIC Ⅱ)でJPEG撮影したものとで、仕上がりに差があります。
DPPでRAWのパラメータを何もいじらなくてもです。
ホワイトバランスやピクチャースタイルについてはどちらも同じ傾向ですので、同じ処理をしていると考えられるのですが、ノイズの処理に関して大分差があると感じます。
そこでもっと詳しく調べてみました。
iso1.jpg
iso2.jpg

上記二つのグラフは、ISO感度とDPPのノイズの関係をグラフにしたものです。
offなどはDPPのパラメータを表しています。具体的には、DPPはRAWの表示/保存に対し高画質と高速の二つのモードが選べます。このうち高画質にすると自動で偽色緩和処理がonになり、高速にするとoffになります。
また、輝度ノイズと色ノイズについてノイズリダクションをoff、弱、強から選ぶことが出来ます。
off off=偽色緩和off NRoff
on off=偽色緩和on NRoff
on weak=偽色緩和on NR弱
on strong=偽色緩和on NR強
jpeg=カメラ側(DIGIC Ⅱ)でjpeg化
です。
注目すべきは、DPP4種のグラフは同じ傾向を見せていますが、DIGIC Ⅱのグラフの傾向は明らかにDPPのものとは異なります。
まずDPPですが、ISO400まではなだらかに増加し、800、1600では増加率が増えます。
これがEOS Kiss DXのハードとしての高感度ノイズの傾向ですね。
偽色緩和on→NR弱とするごとにグラフの傾向は変わらないままノイズが減少することがわかります。面白いのは、NR弱とNR強ではノイズ自体はほぼ変化していないということですね。
しかしながら、目視で出来上がった画像を見比べるとNR強のほうがノイズレベルは下がったように見えます。その分、シャープさがなくなり少し眠たい絵になります。
NR弱とNR強の違いは、見た目でのノイズの低減であって本質的にノイズレベルが下がるということではないようです。
そしてDIGIC Ⅱですが、高感度においても非常に上手くノイズを処理していることが分かります。ISO感度に合わせてノイズの処理が変化するようですね。
特に色ノイズのほうを積極的に処理しているようで、ISO100において輝度ノイズがRAWよりも増えるのはこの影響だと思われます。
どちらにせよ、ノイズの処理に関してはDPPよりもDIGIC Ⅱのほうが上手のような印象を受けます。
このグラフから考えると、ISO100~400まではRAWをDPPの高画質モードで処理するのが良く、ISO800および1600の高感度域においてはRAWよりもJPEGで撮影してDIGIC Ⅱに処理を投げてしまった方がノイズに関してはよい結果が得られるようです。
スポンサーサイト

テーマ:Canon Photo - ジャンル:写真

02 : 47 : 52 | EOS Kiss Digital X | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<電脳コイル 第24話 | ホーム | マックスファクトリー 朝倉涼子>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shuu96.blog109.fc2.com/tb.php/91-321c5a05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

かうんたー

ぷろふぃ~る

鷲(しゅう)

Author:鷲(しゅう)
関東圏在住、もう少しで社会人の仲間入り。
DDから足を踏み入れたドールの世界ですが、最近はSDに傾倒気味です。

コメント、トラックバックのうちスパムと思われるものや不適切と判断した場合は、管理人の判断で削除することがあります。ご了承ください。

リンクフリーです。

メールフォーム

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

BlogPet

応援中

『Flyable Heart 応援中!』

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。