スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

電脳コイル 第19話

予告通り、月曜更新になりました(汗
月曜日はさすがにお休みです。
土日がお休みじゃないというのがこんなに辛いとは…めちゃくちゃ眠いですw
録画したアニメを一気に見てしまう計画でしたが、電脳コイルで精一杯です…。
それで、電脳コイル第19話「黒い訪問者」ですが…。
一言で言ってしまえば…こわっ!の一言に尽きるかとw
なんのホラーですか、これは…。

※以下ネタバレを含みます。ご注意を。
前回、アッチへと京子が連れて行かれてしまったわけですが、今回は京子を助けるお話しです。
京子がアッチへ連れて行かれてしまったあと、家の中には電脳霧が立ち込め、謎の人型のイリーガル(公式サイトのよると「ヌル」という名前らしいです)が家中に現れ、ヤサコとフミエにも襲い掛かります。
メガビーや鉄壁などの電脳アイテム、メタタグを使いながら逃げるヤサコとフミエですが、鉄壁をも破壊して迫ってくるヌル。
デンスケはヤサコ達を助けるためヌルへと飛び掛かり、ヤサコ達とははぐれてしまいます。
我が家の犬は主人を助けるためにここまでしてくれますかね…きっとしてくれませんw
電脳体がNO DATAを示している京子を抱えながら逃げる二人ですが、次々と現れるヌルの前に万事休すか、というところでメガばあの電脳工房へ。
そこは普段からメガばあが周囲にメタタグを張り巡らし結界を張っているらしく、ヌル達は入ってくることができません。
ハラケンやフミエの家、メガばあに電話をかけるヤサコとフミエですが繋がりません。
仕方なく二人で脱出方法、京子の救出方法を考える二人ですが、フミエはメガネを外そうと提案します。
電脳世界の方から現実世界へ影響を及ぼすなんてことがあるわけないと主張するフミエに対し、絶対にメガネを外さないというヤサコ。
ヤサコが考えたのはイマーゴのこと。イマーゴは、こっちの意識から電脳世界へ影響を与える。それを逆に利用してアッチからこっちへ影響を与えているんじゃないか、というものです。
結局イマーゴの正体は、現実世界から電脳世界へ直接影響を与える機能ということなんでしょうか。
作中でもイマーゴについては、ヤサコ達の推測だけで明確に正解が与えられていないのでいまいちはっきりしていませんが。
そのとき鳴り響く黒電話。それはメガばあからの電話でした。なんでも特別回線だとか。
電脳世界のネッワーク利用ではなくて、実回線ということですかね。黒電話ですし。
そういえば、田舎の祖父、祖母の家には黒電話が未だにありますね。結構レアな気がします。今では、ダイヤルは回すものではなく押すものですもんね。
公衆電話も以前はダイヤル式のやつがありましたが、最近はブッシュ式しか見ません。
自分も結構年なのかなぁと実感してしまいましたw
なにはともあれ、メガばあと連絡が取れたわけですが、メガばあ曰く京子を救う方法があるとのこと。
それは、電脳の体がずれたハラケンを直す時に使った黒いメタタグ。正式名称「コイルタグ」。
なんでコイルなんでしょう…まだコイルの意味がわかりません。う~ん…作品タイトルにもなっているあたり相当重要なキーワードなんでしょうが、いまだに推測の一つも立ってないんですよね。もう分かっている人もいるんでしょうか…。
で、このコイルタグですが、メガばあが言うには作れるのはメガばあのみ。ということは玉子が持っていたのは、以前にまとめてかっぱらったということですかね。
京子を助ける方法を説明しているメガばあが色々と思い出してきたと言っていますから、やはり4年前の事件って通路を開いて同じような状況に陥ったということなんだと思いますが、事件の当事者に玉子が入っているのは間違いないですよね。
玉子はイサコの目的が掴めていないようですが、少しくらい予想がついてもいいと思うんですけどね。玉子も当時のことを一部忘れているのか、そもそも本当に何も知らないのか…偶然に引き起こしたということはないと思うんですけど。
というわけでコイルタグを手に入れようということになるわけですが、メガばあ曰くメガシヤのカウンターに一枚だけあるということで、ヤサコが取りに行くことに。フミエはメガばあと電話で話しながら、京子の見張りです。
ヤサコがメガシヤのほうに行ったとき、ヌル達はメガばあの結界を破ってメガシヤのほうまで侵入してきます。
メタタグをごっそりカウンターから取ってヌルから逃げるヤサコですが、追い詰められてしまいます。
ヌル達は、「ちょうだい」と言いながら襲ってきます。
ヌルという名前からも、データが無くなってしまったというイメージですが、ちょうだいというのもまさしく無くなったものが欲しいということですよね。
たとえば、ですが…死んだ人の電脳体の居場所がアッチで、現実の体がないため、個人としての記録が次々に失われていく。
そして誰でもない電脳体になる、とかでしょうか。
そのとき、背後の壁が回転し隠し通路が。ここにも結界が張られてます。この隠し通路を使って、工房まで戻ってきたヤサコ。
フミエのほうはその間、メガばあから京子の救出方法を聞きだしますが、京子の電脳体が近くにいないとコイルタグで助けられないということが判明します。しかし京子はアッチへ連れて行かれてしまったわけで、どこにいるのか分かりません。
とりあえず京子に電話してみろというメガばあ。ここで、10円玉が切れたとかで電話が切れてしまいます。
4年前にも誰かが連れて行かれて、電話をかけて連れ戻したことがある感じがするんですが…自信はないですけどw
合流したヤサコとフミエはメタタグの中からコイルタグを見つけますが、工房の中まで侵入したヌルに追い詰められてしまいます。そして二人が向かったのは、先ほどの隠し通路。
一方京子はというと、アッチをさまよっていて、ヤサコが夢で見る鳥居の階段にたどり着き、途中まで上ると階段脇にはお祭りの出店が並んでいます。りんご飴を渡された京子がそれを食べようとしたとき、ヤサコの電話が京子に繋がります。
その先に行ってはダメ、すぐに戻るのよと京子に言うヤサコ。はっきりと意識を取り戻した京子。すると周囲の出店は消え、ヌルが現れます。
ヌルから逃げる京子ですが、追い詰められてしまいます。
が、ここでデンスケ登場。京子を背に乗せ走り出します。
デンスケ大活躍ですね。最初の1,2話くらい以降ほとんど出番がなかったので嬉しい限りです。オヤジが出てきませんけどw
その頃、ヤサコ達は隠し通路にいたわけですが、その通路がどこか別の古い空間に繋がっていることに気づきます。
そして、ヤサコが聞いたのはデンスケの足音と声。そして、通路の向こうからやってくるデンスケと京子。
コイルタグを京子に貼り、無事に京子を救出。めでたしめでたし。
…とはいかないわけで。当然、ヌルたちも通路の向こうからやってきます。
はたしてヤサコ、フミエ、京子、デンスケの3人と一匹は無事この危機を脱出できるのか。
というところで終わりです。
ちなみに、外ではイサコが空間の不安定なところ、通路の開く場所を探していますが、猫目の行っていた通路を開くための未知の要因、そして前回ハラケンのもとに開いた通路。この二つからまたハラケンのもとへ通路が開くのではないかと、ハラケン宅へ向かいますがハラケンは無事でした。
公園で話しをするイサコとハラケン。メガネを取り上げられたというハラケンに対し、これ以上関わるなというイサコ。
言い方が冷たいですが、イサコはハラケンと取引をし、その結果ハラケンを巻き込んでしまったことを後悔しているように見えます。しかし、ハラケンの向こうにカンナを感じたというセリフにはやはり気になるものがある様子。
はたしてイサコは兄の意識を取り戻すことが出来るのか、とうのも今後に期待ですね。
再び通路の開く場所を探しに行ったイサコと家に戻ったハラケン。
そこでハラケンは気づきます。ハラケンの持っているメガネは一つではないことに…そう、カンナのメガネです。
カンナのメガネを使って電脳空間にアクセスするハラケン。ハラケンがどう動くのかも見物ですね。

というわけで、襲ってくるヌルが異常に怖い19話でしたw
今回玉子は出てきませんでしたが、動いてはいるはずですので次回以降どう関わってくるか。
ヤサコ達を助けてくれると勝手に妄想してますw

次回は第20話「ヤサコとカンナ」。ついにヤサコとカンナが遭遇ですかね。
予告を見た限りだと、セーラー服の若い頃の玉子らしき人物が隠し通路らしき所にいる場面があったので4年前のことが分かるかもしれませんね。
あとはアッチにいるらしきヤサコとハラケン。背景が黄金の夕焼けだったのでアッチ(通路?)だと思うのですが。
スポンサーサイト

テーマ:電脳コイル - ジャンル:アニメ・コミック

01 : 31 : 32 | アニメ:電脳コイル | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
<<すいません… | ホーム | 体調崩しました…orz>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shuu96.blog109.fc2.com/tb.php/71-c6657bb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
品質評価 53 / 萌え評価 46 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 23 / シリアス評価 30 / お色気評価 0 / 総合評価 26レビュー数 13 件 ついに黒客とフミエたちの果たしあいの日がやって来た! 生物部の合宿、深夜の学校で肝試しを行い、負けた方はメガネを捨てなければならないのだ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン【2007/10/09 19:55】
コイルタグは生身の体から離れてしまった電脳の体を元に戻すためのタグであるが、このタグの存在自体が都市伝説が伝説ではなく現実に起きた事を示す証拠になっている 電脳コイル調査報告書【2007/10/10 12:10】
| ホーム |

かうんたー

ぷろふぃ~る

Author:鷲(しゅう)
関東圏在住、もう少しで社会人の仲間入り。
DDから足を踏み入れたドールの世界ですが、最近はSDに傾倒気味です。

コメント、トラックバックのうちスパムと思われるものや不適切と判断した場合は、管理人の判断で削除することがあります。ご了承ください。

リンクフリーです。

メールフォーム

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

BlogPet

応援中

『Flyable Heart 応援中!』

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。