スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

スカイガールズ 第12話

もう13話放映終わってますが、12話「さよなら追浜」です(汗
前回、エリーゼが合流し4人となったスカイガールズ。
特務艦功竜の準備も整い、ついに追浜を離れることになりました。

※以下ネタバレを含みます。ご注意を。

エリーゼは合流したばかりで、いきなり功竜へ移動となるわけで、その前に4人で追浜の空を…という冬后のはからい(?)で、4人での航行訓練からスタートです。
はからいというよりはいきなりエリーゼも混ぜて飛ばせるのは怖いので、一度移動前に確認しておこうというのが本音でしょう。
予想に反して瑛花の指示に素直に従うエリー。前回の瑛花との勝負に負けたらリーダーと認めるという約束をちゃんと守っているようです。根は素直ないい子ですね。
そういう面を見せるのが、恥ずかしいだけという感じでしょうか。
それはそうと…軍服姿のエリーゼが妙にアンバランスでかわいく見えるんですが…。なんでだろ。身長のせいかな。
引越し準備に追われている面々ですが、可憐に追浜を離れる前に一度お兄さん会ってきなよ、と提案する音羽。可憐はいま追浜を離たら準備に間に合わなくなると首を縦には振りません。
じゃあ、お兄さんに来て貰おうよ、と提案する音羽。兄様の邪魔をしたら悪いと首を縦には振りません。
聞いてみないと分からないよ、となお食いつく音羽。この辺の音羽の強引さは、可憐みたいなタイプにとっては助けになりますね。嫌なる時もあるでしょうがw
じゃあということで、とりあえず聞いてみようと決心した可憐ですが、はたして…。
そして、お風呂。先程の可憐との会話のことを瑛花と話している音羽のもとに、可憐が駆け込んできます。お兄さんが追浜まで来てくれることになったようです。
いままで、なんでわざわざ隠されていたの分からなかった可憐のお兄さんの素顔が見れるのか、と期待は高まるばかりです。いや、そういう趣味はないですけどw
しかし、当日。功竜が配置されている基地まで移動するために、零神、雷神を移送用トラックに積み込んだところでスカイガールズに出動要請がきます。
内容は、行方不明になった船の捜索。当然、出動できるのは可憐の風神とエリーゼのバッハシュテルツェの二機だけです。
二機が飛び立つ時、基地の正門に車が到着。お兄さん来た!しかし、顔は出ずw
可憐の飛び立つ姿を眺めるお兄さん。はたして、可憐は間に合うのか。
そうそう、エリーゼのバッハシュテルツェの整備担当はおやっさんだそうですよ。エリーゼもおやっさんはちょっと苦手そうです。が、このペアリングは案外良いのかもしれません。基地が破壊されて仲間(恐らく家族も)失ったエリーゼにとっては、お父さん…にしては年齢離れ過ぎてる気がしますが、そんな感じで。
追記:公式サイトのエリーゼのところにちゃんと書いてありましたね。両親とも他界、基地で育てられたということのようです。両親も軍属だったようですから、昔のワームとの戦争の時に他界したのでしょう。
船を捜索する可憐とエリーゼですが、なかなか発見できません。エリーゼは可憐に、あとは一人でやるから先に戻れと言いますが、あんまり耳に入ってない様子の可憐。集中すると周囲のことがあまり入ってこなくなるタイプですかね。
自分もそうですが…あとで、無視しないでよ、とかちゃんと聞いてたの、とか言われたことがあります。えぇ、ちゃんとは聞いてませんでしたよw
男友達には特に怒られたことないんですけど、女の子には怒られますね。皆さん注意しましょうw
と、そんなことはどうでもいいか。
索敵(敵を探してるわけではないですが)を広げて、船を発見した可憐は、エリーゼと共に船へ向かいます。見た感じ、救命ボートで脱出して既に人は乗っていない様子。一応中を調べようというとき、エリーゼがあとは一人でやるから、と可憐に戻るように促します。なかなか、うん、とは言わない可憐に、会えないより会えるほうが良いに決まってるでしょ!、とつい本音が出てしまったエリーゼですが、可憐はそれでもこれが自分の仕事だから、途中で帰ったりしたら逆に怒られてしまうと、うんとは言いませんでした。
家族に会えないということが、どれくらい辛いかということを恐らく一番噛み締めているのがエリーゼですから、可憐をお兄さんに会わせたいと思うのも分かります。
なんといいますか、エリーゼがお気に入りになりそうです。断じて、ちんまくてかわいい、とかいう理由ではありませんのでw
二人がそんな話しをしていると、コツンと船の中から物音が。中には一人取り残された人がいて、無事救出した二人でした。
結局、お兄さんには会えなかった可憐ですが、正門であった人に渡されたと夕子から手紙を受け取ります。
ちゃんと飛ぶところを見ていたお兄さんからの手紙、妹を誇りに思う…その内容に嬉しいと泣き崩れる可憐。
そのころロッカールームでは、エリーゼをねぎらう瑛花。良い仕事だったわ、という瑛花に、おじいちゃんみたいなこと言わないでと返すエリーゼ。おじいちゃんって、おやっさんのことですよね。お父さんではなくて、やはり年齢的におじいちゃん
のようですw
ここで、終わりか…と思いきや、時間的にまだ先があります。そういえば、タイトルが「さよなら追浜」なのに、まださよならしてないや、とここで気付きましたw
次の日、追浜を旅立つメンバー。それぞれに追浜でも思い出を振り返りながら…。
功竜の配置されている基地へ到着したわけですが、どうやら緋月は乗らないようです。
その緋月はというと…周防博士と話しをしています。ワームのこと、功竜のことについて。
ワームが襲うのは、発電施設や重工業地帯、軍備施設のみ。西ヨーロッパ基地が攻撃されたのは、おそらくSDが配備されたから。ということは、功竜はいわば地上基地への攻撃を避けるための囮としての役割を持っているらしい。そりゃ、緋月は乗らないですねw
周防博士にとっては、囮としての役割以外にも何かあるようですが…。

というわけで、結局お兄さんの顔を拝むことなく終わりました。
ただ前回は、ただのわがままお嬢様的な印象しかなかったエリーゼの印象が自分の中で変わりました。案外トラブルメーカーということにもならなさそうです。そういえば、トラブルメーカーといえば音羽がいるわけで、二人も必要ないですねw
次回は第13話「功竜出港」。ついに地上を離れて、本格的に任務スタートですね。

スポンサーサイト

テーマ:スカイガールズ - ジャンル:アニメ・コミック

01 : 50 : 08 | スカイガールズ | トラックバック(3) | コメント(0) | page top↑
<<スカイガールズ 第13話 | ホーム | 近況>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shuu96.blog109.fc2.com/tb.php/66-f5dcbe59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
品質評価 0 / 萌え評価 85 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 100 / お色気評価 28 / 総合評価 35レビュー数 7 件 攻龍への移動日が決まり、その準備におおわらわの追浜基地。そんな中、また兄から遠ざかってしまう……と落ち込んでいる可憐。それを知った音?... ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン【2007/10/02 18:56】
スカイガールズについての最近の情報です。 最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第三倉庫 アニメ・漫画作品【2007/10/12 09:20】
スカイガールズ第12話 「さよなら追浜」感想トラバ受付中!OP「MELL Virgin's high!/kicks!」いよいよ9/26発売!ED「後藤沙緒里 TrueBule」は発売中!(Powered by i-revo) こちらスカイガールズ広報部【2007/10/16 12:45】
| ホーム |

かうんたー

ぷろふぃ~る

鷲(しゅう)

Author:鷲(しゅう)
関東圏在住、もう少しで社会人の仲間入り。
DDから足を踏み入れたドールの世界ですが、最近はSDに傾倒気味です。

コメント、トラックバックのうちスパムと思われるものや不適切と判断した場合は、管理人の判断で削除することがあります。ご了承ください。

リンクフリーです。

メールフォーム

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

BlogPet

応援中

『Flyable Heart 応援中!』

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。