スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

電脳コイル 第15話

総集編も終わり、本格的に後半に突入した電脳コイル。
第15話「駅向こうの少年」ですが、タイトルだけから予想したときに、駅向こうの少年=4423でヤサコの過去のお話し?という予想を立てましたが、14話放映後の次回予告にて新キャラが写っていたので、予想外れましたと書きました。
が、駅向こうの少年=新キャラでしたが、話しの軸としては4423とヤサコの過去の話しということで、あながち予想は間違いでもなかったですね。

以下ネタバレを含みます。ご注意を。
冒頭、いきなりデパートの屋上から始まる…どうやら、迷子になった京子を探している様子。
電脳ナビを使って検索して、京子は見つかりません。屋上から街を見下ろして、電脳ナビなどメガネの機能が上手く働かなくなる時、いつも古い空間が近くにあることに気づいたヤサコ。
とここで、館内放送が…「迷子のお知らせを致します。小此木優子ちゃん、小此木優子ちゃん。第三小学校6年2組の小此木優子ちゃん。」
小学6年生で迷子放送は恥ずかしいw
京子はちゃっかりお母さんのもとへ戻っており、探しにいって戻ってこないヤサコを、お母さんが呼び出したようです。お母さん、グッジョブw
小さい頃からよく道に迷ってた、とか方向音痴よね、とかお母さんに言われて、寄るところがあるから一人で帰ると少し拗ね気味のヤサコ。
そんな中、「ゆうこ」という名に反応する影が一つ。
ヤサコの向かった先は隣町。案の定、道に迷います。女の子のこういうところは、男としては可愛いなぁとか思ってしまうわけですが…。
ここで、先ほどの影(隣町の第一小学校の男子生徒)が、「おまえ、ゆうこだな」と声をかけてきます。さらに二人登場し、「天沢勇子だろ」と詰め寄ります。どうやらイサコは隣町でもいろいろしてるみたいですね。
3人に追いかけられ、逃げるヤサコ。しかし逃げ場がなくなる…が「こっち」と誰もいないはずのところから声が。手をつかまれて引き込まれるヤサコ。
その中にいたのは、一人の少年でした。「この中に入るとメガネをかけた人には見えなくなるんだ」と少年が言った先には、イサコも使っていた暗号式。
少年曰く、誰かが書いたものとのことですが、恐らくこの少年本人が書いたものだと思います。
後々の少年の話しから、明らかに「普通」の子供と比べて古い空間やメガネのことについて詳しいからです。
少年は、第一小学校6年のタケルと自己紹介します。次回予告見たとき、ヤサコより小さかったので年下かと思っていましたが同級生でした。ヤサコは結構背が大きい方なんですかね。
かくいう自分も、背は高くないので、女の子が背が高いということはありましたけど。
タケルに駅までの道案内を頼んだヤサコですが、以前ここに来たことがあることに気が付きます。
小さい頃、4423と出会ったあのときに。ヤサコは、タケルに、鳥居が続いている階段はないか尋ねます。タケルは思い当たる節があるようで、ヤサコをその場所へ案内しますが、そこはヤサコの記憶にある場所とは違う場所でした。
その後も、その場所を探すヤサコとタケルですが見つかりません。「そんなところなかったのかな」というヤサコに対し、「本当になかったのかもしれない」と答えるタケル。しかしタケルが言っているのは、夢や幻という意味ではなく、「メガネでしか見えない古い空間」ということでした。
電脳空間ではいまだ存在するが、現実空間ではすでに工事などによりなくなってしまった場所。ヤサコが言っているのは、そういう場所じゃないか、とタケルはいいます。
そして「イマーゴ」が使えればとも。今まで、「イマーゴ」=イサコのようにキーボードなしでもメガネが使える隠し機能と思われていたわけですが、タケルが言うには「古い空間を見つけられる機能。古い空間の音や気配を感じられる機能」のことを「イマーゴ」と言うそうです。
ここでのタケルの話しから、タケルが古い空間やメガネのことについて普通の子供よりも詳しいことが分かりますね。
暗号を書いたのがタケル本人じゃないかという根拠の一つがこれです。タケルが古い空間についてさらに詳しいことが後で分かります。その他にもう一つ、タケルが暗号屋じゃないかと考えられる個所があるのですが、それも後で。
ここまでの中で、ヤサコの口からは過去の話しが語られます。小さい頃迷子になったとき、4423と分かれた後の帰り道、イリーガルに会ったというヤサコ。
イリーガルは古い空間にしか現れない(普通は)ので、あれは古い空間だったんだとヤサコは気づきます。
そのイリーガルは、4423を探していたということも思い出します。イリーガルが何故4423を探していたのか、というほかにも疑問はいくつかあるわけですが…ここらへんは後でまとめて。
これらのことから全てのヒントは古い空間にあることになります。
古い空間を探すヤサコとタケル。そのとき、ヤサコは「音」を聞きます。何かがヒソヒソ囁いているような…最後の首長竜でヤサコが古い空間を見つけたときもそうでしたね。
古い空間を探しながら記憶を辿るヤサコですが、その中で4423と話しているときに二人の後ろから黒い影が覆い被さってくる映像が合間合間に入ります。その黒い影からヤサコを逃がした4423。4423は飲み込まれてしまった?
そして古い空間を見つけたヤサコ達ですが、キュウちゃんによって古い空間が消されてしまいます。消される前に、古い空間の先へと行こうとするヤサコをとめるタケル。
結局、古い空間はキュウちゃんに消されてしまいます。
そして、タケルがヤサコをとめた理由を話します。古い空間があると電脳霧が現れるというのは前前から言われてきましたが、古い空間のバージョンが5.20より古い場合には、それでは済まない。戻ってこれなくなるという都市伝説があるそうです。
5.20よりも古い空間に入って、現実の体と電脳の体がずれた状態でメガネを外してしまうとそのまま魂を持っていかれる。ミチコさんの都市伝説に関係ありそうですね。
このタケルの話しから、玉子もこのことを知っているかもしれないということが分かります。「あっちのミチコさん」の会で、電脳の体がずれた状態になったハラケンのメガネを再起動させようとしたヤサコを玉子は止めました。ずれた状態で止めるのは危ないということを玉子は知っていたんじゃないか、というわけです。前回猫目が言っていた4年前の事件にも玉子は関係してそうですしね。
結局、4423と出会った場所にはたどり着けず、完全には思い出せないままヤサコは自分の家へと帰ります。
家に帰ったヤサコに、金沢の学校の先生から電話があったと伝えるヤサコのお母さん。
マユミというヤサコと仲の良かった子が北海道へ引っ越すことになったからと、わざわざ連絡をくれたとのこと。
しかし、マユミの連絡先を受け取ったときのヤサコの顔が何か冴えない様子です。
イサコが転校してきたくらいのときに、「前の学校で何かあったんでしょ。いじめられてたとか」だったかな…そんなことをイサコに言われて、否定できなかったヤサコですが、このマユミという子がその話しに関連してそうですね。
そしてラスト。タケルが誰かと電話で話している。「面白い子に会ったよ。イマーゴの子供。カンナと言う子と同じ…」。
タケルが、古い空間やメガネに詳しい、暗号式は恐らくタケルが書いたものとすると、タケルは暗号屋と考えられるわけですが、イサコが誰かと電話しているのは以前から分かっていましたから、このときタケルが話していた相手はイサコではないかという推測が立ちます。
あと、4423について。イリーガルが4423を何故探していたのかというほかに、あそこが古い空間だったとしたら4423はすでに古い空間から戻れなくなっていたのかな、という推測ができます。
イサコの目的が、もう少しでお兄ちゃんが戻ってくるという発言から、お兄ちゃんを取り戻すことだとすると、4423=イサコのお兄ちゃんという図式がはまりますね。
あとは、カンナもイマーゴの子供というタケルの発言からすると、カンナは魂ごとアッチに持っていかれたと考えるのが妥当な気がします。
4423がヤサコの夢の中で、逃げてと言っていた理由も、ヤサコが自分と同じようにならないようにという4423の思いから、でしょうか。

今回は、4423、イリーガル、ヤサコの過去のほかに、タケルという新たな登場人物、マユミというヤサコの前の学校の友達の情報が一気に出てきたおかげで、まさにてんこ盛りといった感じでしょうか。頭の中を整理するのが大変ですw
新たな情報は与えられたものの、いまだ全てのことが推測の域を出ませんしね。
ヤサコの前の学校でのことは、転校してきたイサコとの会話からいつか出てくるかなと思いながらも、その後一切話題にのぼらなくて、あれはなんだったんだろう、特に伏線とかではないのかなとか思い始めていましたが、ここにきて前の学校のこともやっと出てきましたし。
後半ずっと、これだけ情報量の多い回が続くんでしょうか…さすがに辛いんですがw

次回は「イサコの病室」。予告をみた限り、気になったのは交差点の話し(TVか何かでの特集?)、やっぱり猫目と玉子は知り合いっぽいこと。そしてなんと言っても、イサコが久しぶりに大活躍?ということでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:電脳コイル - ジャンル:アニメ・コミック

04 : 41 : 34 | アニメ:電脳コイル | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<スカイガールズ 第10話 | ホーム | 今日の散財>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shuu96.blog109.fc2.com/tb.php/44-6b6b8aab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
品質評価 6 / 萌え評価 14 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 5 / シリアス評価 35 / お色気評価 6 / 総合評価 12レビュー数 98 件 デパートからの帰り道に、ヤサコは道に迷ってしまう。しかも、なぜかイサコと間違えられて、「キラバグを出せ!」と、見知らぬ少年たちに追われるハ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン【2007/09/19 19:43】
| ホーム |

かうんたー

ぷろふぃ~る

鷲(しゅう)

Author:鷲(しゅう)
関東圏在住、もう少しで社会人の仲間入り。
DDから足を踏み入れたドールの世界ですが、最近はSDに傾倒気味です。

コメント、トラックバックのうちスパムと思われるものや不適切と判断した場合は、管理人の判断で削除することがあります。ご了承ください。

リンクフリーです。

メールフォーム

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

BlogPet

応援中

『Flyable Heart 応援中!』

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。