スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

勉強したいなぁ

IMG.jpg

趣味で絵を描かれている方は多いと思いますが、描き方は千差万別、人それぞれだと思います。
ちゃんと基礎から勉強されている方もいらっしゃるでしょうし、完全に自己流の方もいらっしゃると思います。
僕の場合は、後者でして、まともに絵を勉強したことはありません。
小学校のお絵かき、中学・高校の美術のみ。
でもやっぱり描いていると思うのは、デッサンとパースの勉強はしておいた方が良いなぁと言う事です。
何をいまさらという感じですがw
というわけで、ちゃんと勉強したいなぁと思う今日この頃。

ところで、皆さんが絵を描こう!と思ったのは何故でしょうか。
おそらく、こんな絵が描きたい!という思いからスタートしていると思います。
でも最初は、なにをどう描いていいものか分からず、とりあえず好きな原画、あるいは好きなキャラクターを模写するところから始めるというのがオーソドックスでしょうか。
というか、自分のことですが。
僕が授業以外で絵を描いたのは確か高校2年の冬。描いたといっても、模写です。
描きたいと思っても、描き方が分からないので手本を元に描いてみる。
でも最初は、描けたという満足感がありますが、結局は模写。ただのコピーでしかなく、すぐに楽しみが薄れていく。題材を変えてみても、やはりダメ。それは、本当に自分の描きたいものじゃない、自分の中から出てきたものじゃない。
数枚模写して、なんとなく「描くこと」の感覚がつかめてきて、自分の描きたいものを描こうという思いが一層強くなり、いざチャレンジするも全く上手くいかず、なんとも残念な結果に終わりますw
大体ここのところで自分の頭の中にある理想と、自分が描いた現実のギャップに「もういいや」と描くのを止めてしまうパターンが多い。
このあたりは始めに描いた模写の弊害があると思うんですよ。模写って、(見た目的には)自分の実力以上のものが描けてしまうので。これなら描けるかな?と思うんですが、いざ一人で描いてみると…orzな結果に。
ここから先は、もう自分との戦いですね。
なかなか思うようにいかないけど、なんとかモチベーションを上げて描く。結局のところ、描かなきゃ上達はしないわけで、自分の絵に凹みつつも折れずに描く。
なんてことを言いながら、僕自身は何回か投げ出してますけどもw
大学入学後は、まともに描いたのは数枚。一年に一枚描くか描かないかという感じ。
大学院に進学して、ブログを始めてまた少し描き始めたけど、結局そんなに描いてない。
しかし、ここにきて高校の同級生にサークルに絵描きとして誘われるという転機が訪れた。
絵を描きたい、という思い自体はずっと心の中に燻っていたのでこの機会に飛び込むことにしたわけです。当然、悩みましたけどね。本当にやってけるのか、と。
結果としては、まだまだ悩みは尽きませんが飛び込んでみて良かったと思ってます。
一応世界観とか、ある程度の枠はありますが結構自由にやらせて貰ってますので。

で、冒頭に戻ります。
もっとちゃんと描きたい、と思うわけです、ハイ。
スポンサーサイト

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

02 : 21 : 28 | お絵描き | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ひさびさの秋葉原 | ホーム | ネタが…ないw>>
コメント
分かります。
非常に良く分かります。
ぼくは5歳の頃にガンダムを模写したのが始まりですかね。
頭の部分だけですけどm

模写は確かに自分の実力以上が出てしまいますが、ある一定以上の力が無いと全然似ませんね(紙を重ねるトレースの場合を除く)。
模写にも絵の実力が必要だと思う次第。
ぼくの場合は横顔しか描けないところから脱出できたのは、富樫さんの絵を模写したおかげだったりしますしね。
by: ホワイト=白 * 2009/06/15 15:01 * URL [ 編集] | page top↑
>白
自分はKanonとAirですね。
初めてその手のゲームをやって、その道に落ちる原因になりましたw

アニメの絵だろうがなんだろうが、大本は人間だったり猫だったり犬だったり植物だったり…自分たちの身の回りに普通に存在するものがあって、ただ単にそれをデフォルメしただけなわけで、したがってデッサンが最も基礎の部分になるんだと思います。
模写は、この「リアル」からのデフォルメ作業を、お手本にした絵師さんがもうやってくれてるわけですね。
なのでマジでやるならデッサンからちゃんとやるのが良いかなぁと思うのです。
個人的には、模写は絵の描き方を感覚的に把握するのには向いてると思います。
デッサンは、描き方とかではなくて、それを通じて自分の頭の中に正確な模型を叩き込む作業ですかね。

僕は横顔苦手ですねぇ…なんか上手く描けないのよね。
これはまぁ、描いて覚えこませるしかないんですが。頭ってこうなってんだよ!というのを。
by: 鷲 * 2009/06/16 00:09 * URL [ 編集] | page top↑
はじめまして♪
以前より、ドール衣装の製作記事など
楽しく拝見させていただいておりました。

今回、模写に関して
自分の実力以上のものが描けてしまうと
冷静に判断されておられるので
興味を持って読ませて頂きました。

私も模写からはじめたクチです。
鷲様同様、勉強したいと思い
試行錯誤の最中に出会った本を
ご紹介させていただきますね。

A・ルーミス著 やさしい人物画
とっつき難いですが、必ず身になります。

菅野 博士著 快描教室
漫画の書き方の本ですが、
人物の記号的表現やパースの基本など
解りやすく説明されています。

2点とも古く有名な書籍ですので
ご存知でしたらごめんなさい。

社会人でドールとゲーム製作の3足のわらじ…
時間を取るのが大変かとは存じますが
素敵なゲームを作ってくださいね。
それでは失礼いたします。
by: くろちゃん * 2009/06/16 00:43 * URL [ 編集] | page top↑
>くろちゃんさん
どうも初めまして~。

本のご紹介、ありがとうございます。
この手の本を手にしたことがないので、どちらの本も知りませんでした。
参考にさせていただきます。

>時間
まだ残業がないので、しばらくはなんとかなりそうです。
残業始まったらどうなるんだろう…。
ゲームもドールもがんばります。
仕事は…ドールのためにがんばります(笑
by: 鷲 * 2009/06/18 21:54 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shuu96.blog109.fc2.com/tb.php/279-b1edaf97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

かうんたー

ぷろふぃ~る

鷲(しゅう)

Author:鷲(しゅう)
関東圏在住、もう少しで社会人の仲間入り。
DDから足を踏み入れたドールの世界ですが、最近はSDに傾倒気味です。

コメント、トラックバックのうちスパムと思われるものや不適切と判断した場合は、管理人の判断で削除することがあります。ご了承ください。

リンクフリーです。

メールフォーム

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

BlogPet

応援中

『Flyable Heart 応援中!』

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。