スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

電脳コイル:ふと思いついたこと

昨日の電脳コイルを見直してみて、昨日の記事を修正しましたが、見ながらふと思いついたことがあります。

カンナの電脳ペットのクロエ。カンナは死んだはずのクロエを見たと言って、交差点へ行き事故に遭った。
実はクロエは生きていたんじゃないか、という問いに対して確かに死んだはず、と答えるハラケン。その際、アルバムが届いたとの台詞があることから、電脳ペットメーカーは販売したペットにタグがなにかをつけて管理していると思われる。つまり、クロエは死んだはずなわけですが、第9話においてあるイリーガルに出会ったヤサコとハラケン。そのイリーガルは、犬のような形態をしていた。また、ハラケンもそのイリーガルがクロエであると感じたようだった。
ここで1つ思いついたことなわけですが、そもそもクロエは「実体のあるペット」ではなく、「情報でしかない電脳ペット」なわけです。この場合、そのペットが死んだということはどういう規定の下で、どういう判断でもって確かに死んだと解釈されるのか。素直に考えれば、修復不可能なまでのデータの破損、あるいはデータそのものの消失(フミエの飼っていた電脳ペットはサッチーに殺されたそうですが、サッチーはエラーあるいはバグのあるデータをフォーマットしているようですから、データの消失による死亡ということになりそうです)。
それで、上で書きましたが電脳ペットメーカーは、電脳ペットを管理していると思われるわけですが、仮に電脳ペットの死をメーカー側からのデータの確認ができなくなった、ということで規定されるものとするならば、なにかしらのデータが破損し、メーカー側からその存在が確認できなくなったにも関わらず、電脳空間に取り残された電脳ペットがいるとしたらどうなるか。これがイリーガルの正体ではないか、ということです。
大黒市全体の電脳空間は、古い空間が残されながらも全体としては常に更新されバージョンアップしている。おそらく、その空間の中に存在する電脳ペットも周囲の環境に合わせて、バージョンアップされるものと思われます。イリーガルがデータの破損した、電脳空間に取り残されたペットだとすると、当然バージョンアップはされませんから、新しい外の空間では存在できない。一方、自身のバージョンに適応した古い空間では存在可能でしょう。また、イリーガルが電脳ペットにのみ感染するのは、それ自身が元々電脳ペット故ではないか。
とか考えてみました。自身はないですけどw

それともう1つ、ミチコさんの都市伝説。ミチコさんは、あっちに言ってしまったという話しがありますが、これも上と同様に考えることができます。電脳コイル全体を通して描かれていますが、ヤサコ達にはその実体の上に電脳の体が重畳されている。つまりリアルな空間に存在する体と電脳空間に存在する体がある。これまたリアルな空間の方で事故に遭うなりして本人が死亡した際に、なんらかの理由により電脳の体だけが電脳世界に取り残されたら…。あっちに行ってしまったことになります。ミチコさんの都市伝説におけるあっち、というのが電脳空間という保障はありませんがw
スポンサーサイト

テーマ:電脳コイル - ジャンル:アニメ・コミック

18 : 06 : 16 | アニメ:電脳コイル | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<少し変更 | ホーム | 電脳コイル 第10話>>
コメント
電脳ペット
初めまして。いつもサイト拝見させて頂いてます~。
今日、あちこちのサイトを巡回していて、ふと「更新のないサイトは死んでるみたいなものなんだろうか」と思いました。
ナマの生き物は、常に周囲と何らかのやりとり(食事とか排泄とか)をしています。それが一番シンプルな「生きている」ということなのかな、と考えると、更新の止まってしまったサイトや、電脳ペットは、死んでいる、ということなのかもしれません。
そんなことを、こちらの記事を思い出しながら考えてました。
色々なことを考えさせられて、面白いですね。
by: おかず屋 * 2007/07/18 11:41 * URL [ 編集] | page top↑
コメントありがとうございます
更新の止まったサイトですか…そうならないよう気をつけますw
環境に関してなんらかの作用を及ぼすという点では、更新が停止した場合、環境に対しての情報の流布が停止するわけですから、その活動の本体が「死んでいる」と表現しても良いのかもしれませんね。
電脳ペットは、いろいろ難しいですね。電脳メガネを掛けていない人にとっては、そもそも見えないわけですから存在すら認識していないということになりますね。電脳メガネを掛けている人にとっては、肉体的には感触もないし影響を与えることはないでしょうが、精神面ではいろいろと影響を及ぼしているでしょう。その人にとっては、生きていると表現してもいいのかも知れません。
by: 鷲 * 2007/07/20 00:20 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shuu96.blog109.fc2.com/tb.php/13-ebd4533b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
変だなぁと思ったのは、カンナの、ハラケンへのパスワードの託し方。まず、順序としては、(1)ハラケン、カンナの母親からメガネを託される。(2)鹿屋野神社でクロエと思われるイリーガルと出会い、紅いメタバグを渡 藻草のあぶく【2007/07/23 01:46】
| ホーム |

かうんたー

ぷろふぃ~る

鷲(しゅう)

Author:鷲(しゅう)
関東圏在住、もう少しで社会人の仲間入り。
DDから足を踏み入れたドールの世界ですが、最近はSDに傾倒気味です。

コメント、トラックバックのうちスパムと思われるものや不適切と判断した場合は、管理人の判断で削除することがあります。ご了承ください。

リンクフリーです。

メールフォーム

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

BlogPet

応援中

『Flyable Heart 応援中!』

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。