スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

DETOLF 追加棚板改造

MAZDA RX-8と通販衝動買いの旅さんのこちらのエントリーを参考に、DETOLFに追加棚板改造を施してみました。
といっても、僕の場合は、実質移動だけですので棚板を用意する必要はありませんでした。
DPP_0706.jpgDPP_0707.jpg

最下段を少し上に移動、ドルフィーの乗っている棚も少し上に移動。
ねんどろいどが乗っている棚を追加(ドルフィーを乗せるために外して余っていた棚板を利用)。

以下、我が家の場合の材料詳細です。
DPP_0709.jpg

画像は作業後の残骸ですがw
合計で、3段分の材料が必要でしたので、内訳は…

1.ボールチェーン支持金具 5mm 5個パック ×3 計 15個(内12個使用)
2.ステン六角ボルト M4 長さ15mm 6個パック ×2 計 12個(全て使用)
3.ステン六角ナット M4 8個パック ×2 計 16個(内12個使用)
4.ステンレスワッシャー M4 20個パック ×1 計 20個(内12個使用)
5.アルミパイプ 内径4mm 外径6mm 長さ1000mm ×2 計 2m(1本から295mm×3切り出し、計6本)
6.シリコンチューブ 内径6mm 外径8mm 長さ200mm ×1 適宜サイズを合わせながら切断

以上です。全て東急ハンズにて購入。合計2000円くらいでした。
これらを、
DPP_0708.jpg

こんな感じで組み合わせます。前後に作成、間にアルミパイプを通すという感じです。冒頭に紹介した先でより詳しく解説されています。
構造としては、シリコンチューブを滑り止めにし、ボールチェーン支持金具をボルトで固定。このさい、スペーサーとしてM5のナットを挟みます。ワッシャー、ばね座金は緩み防止ですね。
ちなみに…ステン六角ボルトには、ボルト、ナット、ワッシャー、ばね座金を1セットとして6個パックだとこれが6セット入っているため、M4のナットとばね座金は追加購入の必要はありません。
棚の耐久性ですが、SD13×2、DD×1、MDD×1を乗せても問題ありません。滑り止めにシリコンチューブとは別のものを使った場合どうなるか分かりませんが…。
シリコンチューブを使用した場合は、ボルトでボールチェーン支持金具を固定したあと、上下移動は相当力を入れてもビクともしませんので、移動させる場合は緩めないと無理です。
逆に回転は比較的容易に可能ですので、ボルトとナットを締めやすい角度で取り付け後に正面向きに回転させるといったことは可能です。
スポンサーサイト
01 : 15 : 22 | DETOLF | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

DETOLFその後…

IKEAのDETOLFですが、その後どうなっているかといいますと…
DPP_0617.jpg

最下段。
ファインダーが覗けないので、適当に撮ったらこんな感じに。
スペース的にはまだ余裕があります。
ただ、床から5cmくらいしかないので、フィギュアの顔が見れないのがちょっと残念。
基本は1/8、下半身のみ写っているのは1/6です。
サイズ的には1/6がちょうど良い感じです。1/8だと、高さがやはり大分余ります。
ぺと子&ちょちょ丸のように立ち膝や、座っているフィギュアだと半分以上高さ方向が余りますので、やはり工夫して、段数を増やした方が良いかもしれません。
一段を3:4の比率に分けて、3の方に立ち膝、お座り、寝そべりタイプのもの、4の方に立ちポーズのものを飾ると良い感じだと思われます。

DPP_0618.jpg

下から2段目。
こういう風にシリーズ毎に並べると統一感があって良いですね。
後ろの黒セイバーは、MaxFactoryの鶴屋さんが発売になったら鶴屋さんとリプレース予定です。
デス先生とナギは、のいぢキャラなので良いかな、とか。
そういえばデス先生はレビューしていませんが、非常に出来が良い上に、ボリュームもあって迫力があります。おすすめ。


DPP_0619.jpg

上段2つぶち抜き。
とりあえず、DDフィーナ、SD13水銀燈、MDDこのみ、白猫もこちゃんは入ります。
もこちゃんの変わりに、MDDまたはMSDをもう一人立たせておくというのも可能かもしれません。
DD、SDサイズを後方に二人、MDD、MSDサイズを前方に二人というのが、バランスも考えると限界ですね。
14 : 20 : 58 | DETOLF | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

IKEA DETOLF

土曜はアフター参戦でしたが、日曜はIKEAに行ってきました。
購入したのは、フィギュアケースとしてその筋では評判のDETOLFです。
DPP_0581.jpg

関係ないものもチラホラ写っていますが気にしないw
以前この場所にはPCデスクがありましたが、スペース確保のために部屋のレイアウトを大幅変更。
DETOLFの設置面積自体は、約43cm×37cmなので部屋が広くなりました。
やはり机が二個あるというのは、相当スペース食います…でPCデスク自体は、学習机の上に置いてみました(笑)
このDETOLFですが、4面強化ガラスということでショウケースとしては評判とおり良いですね。
欠点もありますが…
1.棚板が固定
棚板は3枚で、全スペースを4等分する形になります。高さ調節ができないため、一つの棚あたりの高さは約38cm固定となります。
SDを飾るには、棚板を一枚はずして2段分通しに。
2.前面ガラスの隙間
スライド式ではなく、ドアのように開閉するため前面ガラスの上下左右に隙間があります。
程よい換気という面ではいいかもしれませんが、埃の侵入もある程度は覚悟しなければなりません。
まぁ、ちゃんと可愛がってあげている分には問題にはならないと思います。
3.運搬
IKEAのポリシー上、組み立ては自分で行うのは前提ですが、その前に自宅へ持ち帰るのが一苦労です。
IKEAで配送サービスもありますが、配送区域が限られている上に配送量も高いです。DETOLF本体が6990円という低価格なため、より割高となります。
したがって自分で持ち帰ることになりますが、まずサイズが問題です。
梱包サイズ=ほぼガラスのサイズになるわけで、長さが160cm弱になります。
これを車に積むわけですが、助手席が完全に倒せるとかトランクスルーにできるとか、車側に対応力がないと詰め込めません。
うちの場合は後部座席を倒してトランクスルーにできるため、その状態で積んできました。
次に重量。
これだけ大きい強化ガラス(厚みは5mm)が4枚も梱包されているわけで…梱包時の重量は約40kg。
これを車に積み込むだけでもかなり大変です。
家に持ち帰ってしまえば、梱包を解いて、一枚ずつ運べば良いので問題ないと思います。
4.組み立て
説明書によると二人で組み立てることになっています。
実際、後ろのガラスと側面のガラスを連結する際には一人に支えて貰ったほうが安全ですので、二人で組み立てた方が良いと思います。
一人でも不可能ということはないでしょうが、木と違い倒れたら大変なことになりそうなので、安全面を重視した方が良いと思います。
ただ、この説明書の手順によると、まず天板にガラス等をはめた後に、一度上下180度回転させて底板をつけるようになっていますが、最初に底板に組み付けて、天板をのっけた方が回転させなくて済むので楽だと思うのですが…。
5.工作精度
ネット上で調べるとある程度分かりますが、IKEAで購入した椅子ががたつくといった報告を見ることができます。
DETOLFもご他聞に漏れず、棚板ががたつく場合があります。DIYショップでクッションになりそうなものを買ってきて挟んでやればすぐ解決できるので、それほど問題にはなりませんが。
まぁ、4面強化ガラスで6990円という値段は、ほかにはあり得ないでしょうからちょっとした工夫ですぐ解決できるようなレベルのことは許容範囲でしょうか。

そうそう、お座りさせれば棚板3枚使った状態でも、各段に飾ることはできます。
結構ギリギリなので、一段に一人が限界かと思います。
一枚外して立たせると、二人入りますが、この場合は収納数に差はありませんねw
ただ、立たせて飾る場合には着せるドレスにもよるので、スマートな衣装であれば三人も可能かと思われます。

ついでに…
うちにはフィギュアもあるので、その収納も考えてたのですが…1/6が高さ的にはジャストですかね。
1/8だと、小さすぎて高さがかなり余ります。ちょっと工夫すればアクリル板で棚数が増やせそうなので、1段を2分割すれば収納量も上がります。
トレフィギュ系は、1段を3分割してやると高さ的には良い感じだと思います。

最後に皆さんに質問なのですが…
SDとフィギュアって同じケースに入れて大丈夫なもんでしょうか。
というのも、フィギュアを購入したことのある人には分かると思いますが、2~3日くらいPVC製のフィギュアをケースにいれておいて、ケースを開けると、刺激臭が鼻をつきます。
可塑剤が揮発したものですが、SDに与える影響とかあるのかなぁ…と思いまして。
SD自体、キャストドールなので可塑剤出してますけどもw
成分の違いとか詳しいことは知らないので、知ってる方がいましたら教えてくださると助かります。

02 : 00 : 52 | DETOLF | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

かうんたー

ぷろふぃ~る

Author:鷲(しゅう)
関東圏在住、もう少しで社会人の仲間入り。
DDから足を踏み入れたドールの世界ですが、最近はSDに傾倒気味です。

コメント、トラックバックのうちスパムと思われるものや不適切と判断した場合は、管理人の判断で削除することがあります。ご了承ください。

リンクフリーです。

メールフォーム

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

BlogPet

応援中

『Flyable Heart 応援中!』

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。